福島医大版 症状自己管理プログラム

この商品のお求めは、有限会社博映商事へお問合せください。

DVD2枚組+テキストデータ/99分

監修:丹羽真一(福島県立医科大学医学部 教授)

監修・指導:小山徹平(鹿児島大学病院)/佐藤喬二(仙台市児童相談所)/山本佳子(福島県立医科大学)

「服薬自己管理プログラム」に続く自己管理シリーズ第2弾です。患者さん本人が自分の症状を正しく把握し、的確なスキルを身につけ、最適な対処および予防の仕方を学ぶことで、症状の悪化を最小限に食い止め回復を早めることができます。このプログラムは、4つの技能領域ごとに実践的でわかりやすい解説を加え、私たちの生活実感に則した内容となっています。このプログラムも「服薬自己管理プログラム」同様に福島医大において様々に検討を重ね改良を積み重ねてきたものですので、皆さんの現場でもとても使いやすくなっています。

福島医大版 症状自己管理プログラム 画像

おもな内容とチャプター一覧

オリエンテーション/「注意サイン」と再発前に見られる「持続症状の悪化」をとらえよう!/「注意サイン」が連続して起きた時、「持続症状の悪化」が現れた時にとるべき行動とは ほか
*DISC2には印刷して使えるPDFデータを収緑