不審者がいたら、どうする?
-自分を守る 正しい行動を身につける-

この商品のお求めは、株式会社映学社へお問合せください。

刃物で襲われるなど、中学生が犯罪に巻き込まれる事件が後を絶ちません。
そのため、自分の身近に犯罪の危険が潜んでいることを知り、自分で自分を守る強い遺志を持つこと。
そして危険を予測して回避する方法を身につけること。
更に、友だちや周りの大人と助け合って身を守ることが大切です。
この作品では、中学生自身が犯罪のことや防犯のことを調べる様子を捉えながら、
犯罪者の心理、不審者とはどのいう人なのか、危険な場所はどこなのか、
万一襲われた場合の身の守り方、どうしたらよいのか、といった内容を描いています。

  1. 犯罪者の心理にせまる
  2. 怪しい人をどう見分けるか?...ポイントは「はちみつじまん」
  3. あぶない場所とは?...ポイントは「ひまわり」
  4. 実際に襲われたらどう対処するか
  5. 友達や周りの人たちと助け合って身を守ろう