戦線後方記録映画
南京
【完全版】

この商品のお求めは、株式会社日映映像へお問合せください。

DVD/1938年(昭和13年)2月公開作品/約67分/モノクロ/4:3/片面一層/日本語/英語字幕選択可/協力:松尾一郎/2019年8月中旬発売

"我々の同胞が一つになって闘った数々の光輝ある歴史の中でも南京入城は煥然たる一頁として世界の歴史に残るだろう。その日の記録としてこの映画を我々に子孫に贈る。(本編より)

1938年(昭和13年)東宝文化映画部製作

南京【完全版】pdf

1937年(昭和12年)12月13日、日本軍は蔣介石軍の激しい抵抗を制してついに南京を占領。
南京陥落の翌日1937年12月14日、映画班は南京に到着し、翌年1月上旬まで撮影を続けた。
この映画は、陥落直後から数週間にわたる南京の状況をリアルに捉えたまさに第一級の歴史資料である。
『プロパガンダ戦「南京事件」』などの著書で知られる日中問題研究家、松尾一郎氏が長年の研究調査の末、米国などから新たに映像素材を発見。ここに「戦線後方記録映画南京」の完全版が復元した。

製作:松崎啓次
指導:軍特務部
撮影:白井茂
現地録音:藤井愼一
製作事務:米沢秋吉
編集:秋元憲
録音:金山欣二郎
作曲指揮:江文也
解説:徳川夢声

著作権処理済



歴史