部落の心を伝えたいシリーズ 第33巻
12年後の決断 吉岡 綾

この商品のお求めは、フルーク映像株式会社へお問合せください。

DVD/28分/2021年11月完成
部落の心を伝えたいシリーズ 第33巻 12年後の決断 吉岡 綾pdf

「私の喋り方、イントネーション、ヘンでしょ?
 出身を隠したかったからなんです。
 部落差別の恐怖は、物言いまで変えてしまった」

「これまで部落差別体験は4度あります。
 21歳のときの話は必ずします。
 今の私があるのは、その体験があったからです」

「人権問題を他人事じゃなく自分事として捉え、子どもたちにも伝えてくれたら有り難いです。
 私の差別体験も意味があったのかなと…」

第12巻「若い力は今」から12年。その間、綾さんは結婚し、生活環境も激変した。二人のこどもに部落についてどう伝えるべきか、母としての不安、揺れ動く気持ちを赤裸々に語る。心を蝕むリアルな部落差別が、ここにある。 11年連れ添う夫、敬愛する義父、信頼する先輩、見守る母親…綾さんを取り巻く人々の含蓄ある言葉の数々が深く温かく胸に響く。

部落の心を伝えたいシリーズ 第33巻 12年後の決断 吉岡 綾 画像