極私的エロス・恋歌 1974

この商品のお求めは、株式会社パンドラへお問合せください。

1974年/日本/モノクロ/93分

トノンレバン国際独立映画祭グランプリ

極私的エロス・恋歌 1974

「生きることの原点を描ききった」「観る者を強烈にとらえてゆさぶり続ける恐ろしい映画」「真実を見ることの衝撃」など絶賛された作品。

「私にとって映画はコミュニケーションの方法」という原が、かつて一緒に暮らし子どもまでをなした女を追って沖縄へ行き、彼女が自力出産を行なうまでを捉えた作品。「極私」の極致へと到達した未踏のドキュメンタリーとして、原一男の名を一躍知らしめた問題作。
「生きることの原点を描ききった」「見る者を強烈にとらえてゆさぶり続ける恐ろしい映画」「真実を見ることの衝撃」などの絶賛を浴び、日本列島のいたる所で若者の強烈な支持を集めた。