鏡の中にある如く

この商品のお求めは、株式会社パンドラへお問合せください。

1961年/スウェーデン/モノクロ/89分/日本語字幕付

監督:イングマール・べルイマン

撮影:スヴェン・ニクヴィスト

出演:ハリエット・アンデルシェン/マックス・フォン・シドー

★アカデミー賞外国語映画賞

★ベルリン国際映画祭国際カトリック映画事務局賞

鏡の中にある如く

作家の姉、娘と息子と娘婿の医者が短い夏を過ごそうと孤島に。冷静な父、精神を病む娘、娘婿は妻を愛しながらも何もできない。北欧の光の中、果たして家族は⋯。〈神の三部作〉の第一作!
©1963 AB SEVEN FILMINDUSTRI

イングマール・べルイマン
Ingmar Bergman

1918年スウェーデン生まれ。52年の『不良少女モニカ』がヌーヴェル・ヴァーグの作家たちに激賞されて以降、『夏の夜は三たび微笑む』(55)、『第七の封印』(57)、『野いちご』(57)、『処女の泉』(60)が各国の映画祭で受賞。60年代には〈神の沈黙〉三部作と呼ばれる『鏡の中にある如く』(61)、『冬の光』(63)、『沈黙』(63)を発表。82年の5時間超にわたる大作『ファニーとアレクサンデル』発表後、監督を退く。03年、突如20年ぶりに『サラバンド』を監督。07年、自宅にて89歳で死去。生涯に手がけた作品は50本以上にのばる。