うしわかまるの
じしんとかじからじぶんをまもる!

この商品のお求めは、有限会社博映商事へお問合せください。

10分/バリアフリー字幕選択式

防災教育アニメーション(幼児・小学生向け)

文部科学省選定作品

学校教育教材

うしわかまるのじしんとかじからじぶんをまもる!pdf

タイムスリップして、現代に来た牛若丸は、消防士やカラス天狗に教えられながら、地震の時どうすればよいか、学んでゆきます。また津波や、火事の時の身の守り方も学びます。牛若丸と共に、視聴者の子どもたちも、防災の知識が身につく内容です。

建物の中で地震にあったら

机の下などに潜り、倒れてくるものや、落ちてくるものから身を守る。

うしわかじしんとかじ写真1

避難するときの合言葉「おはしも」

おさない、走らない、しゃべらない、戻らない。

うしわかじしんとかじ写真2

道路を歩いている時地震にあったら

倒れてくるものや、落ちてくるものから離れる。広い場所に避難する。

うしわかじしんとかじ写真3

地震が来る前にしておくこと

家具など倒れそうなものは、動かないようにする。非常持ち出し袋を用意する。お家の人と、話し合っておく。

うしわかじしんとかじ写真4

火遊びはぜったいにだめ

火事にあったら、煙を吸わないようにして逃げる。大きな声で「火事だー」と知らせる。

うしわかじしんとかじ写真5