私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

制作案内

映画の制作

ドキュメント映画

『柊の向こう側~ハンセン病患者・回復への歩み~』39分
現在、全国に15のハンセン病療養所があり、入所者数は三千人弱、平均年齢78歳。 入所者たちの病気自体は、はるか以前に治っており、顔や手足、目などに残る障害は、後遺症にすぎない。患者の強制隔離・収容を規定した「らい予防法」は平成8年になってようやく廃止された。しかし、今なおハンセン病に対しての偏見と差別は強く残り続けている。ハンセン病回復者、医師、行政関係者等へのインタビューにより、ハンセン病の悲劇を生んだ原因、隔離の実態、偏見・差別の事実を鮮明に伝える。

教材・研究資料

指導を行うにあたり「どう説明しても理解してもらえない」などのお悩みはありませんか?
現場の先生方にとって効率よくわかりやすく学習してもらうためには「まず視覚から・・・」とご相談を受けることが大変多く、私たちは授業や研修で使用するのに最適!と現場の先生方のご提案によって映像製作を手掛けます。 「この授業を進めるにはこんな映像があれば・・・」まずはご相談ください。

編集作業

お手元に撮り溜めしてしまった映像はありませんか?
「ビデオカメラ購入から子供の成長に合わせその都度撮影してきましたが、こんなにたくさんの素材・・・どうしましょう?」等ご相談を受けます。 多くの素材を整理しBGMをつけ貴重な宝物となる作品を残すお手伝いを致します。 スタッフ一同お待ちしております。

高齢者にとっては、他の誰もが想像できないほど長年暮らした土地への思い入れは深いもの。
だが、現実問題として急な坂が多い不便な土地での独居は困難です。そのような状況で周囲は高齢者の意思を尊重できるか?また、地域はどうサポートできるのか?
瀬木監督は、高齢者の生き様を想い、地域コミュニティのあり方を、北九州八幡「やまさかのまち」を舞台にフィクションとして映画化しました。スタッフは、主人公の老女「マリア」の心の変遷をリアルに描くために、撮影の何ヵ月も前から現地に住み込み地元と交流したのです。
その結果、地元「八幡」の住民のみなさんも多く出演してくださることになりました。坂の上の人々は、坂を日常的なものとして受け入れ、ごくあたり前に暮らしています。そんな情景をフィルムに定着させていく作業は、いたずらにテーマに縛られることのないフィクションでありながら、ノンフィクション的なリアルさと迫力をもった、日常生活の中のドラマを紡ぎだしていったのです。

記録ビデオの制作・請負

記録ビデオを制作しDVDなどでご提供します

  1. 幼稚園・保育園・学校・企業等の創立記念、各種イベント
  2. 結婚式・誕生祝・表彰式・告別式・開所式・偲ぶ会・法事等
  3. 企業・各種団体等のPRビデオ
  4. 町内会・神社のお祭り等
  5. その他…お気軽にお問い合わせ下さい
記録ビデオの製作photo

制作工程(DVD)

制作の流れ1
制作の流れ2
制作の流れ3
制作の流れ4
制作の流れ5
制作の流れ6

DVD化しませんか?

岩波映像ではお手持ちの映像作品や各種素材のDVD化を行っております。詳しくはお問い合わせ下さい。

岩波映像株式会社

電話:03-5689-2601
E-mail:iwanami@iw-eizo.co.jp